ふくゆきブログ

アルファブロガーアワードを受賞した村上福之の記事にするほどでもないブログ

*

イスラム国に日本の外務省が”日本語で”人質交渉に行って困惑させていたようです。

   

(1)外務省がISSLに“日本語で”人質交渉のメッセージを送る。
(2)ISILが中田氏に翻訳を依頼。
(3)ISILがあやしすぎて信憑性を疑問
(4)テレビ局が外務省に確認。
(5)本物の外務省のメッセージでした。(上記動画08:07)

うーん、できたら、アラビア語でメッセージ送るべきなんじゃないのだろうか。
アラビア語は無理でもせめて、英語で送らないと、混乱するだけだと思います。
それても、あえて、日本語にする戦略があったんだろうか。。。

それとも、一部のトチ狂った外務省職員の単独行動なのか、正式な交渉ルートなのかは、
マスコミが報じないので判断が難しいところです。

Comments

comments

 - 未分類

  関連記事

no image
女子大生のライザップ失敗日記がスゴイ:
no image
Raspberry Pi を今更ながら適当に触ろう
慶応大学のAO入試って一般入試より競争率が半分以下のときがあるのね。
no image
得る人よりも与える人のほうが評価される
no image
とがったことを考えている時ほど、人に相談しない。
no image
実は東京は空き家だらけ。特に大田区と足立区。6LDK/9万円?
no image
ドローン市場が急速に国内で縮小した件:
no image
【書評】最貧困女子:本当にどうしようもない人はどうやって支援すればええんだろうね。
リーダーに大事なのは目標を何度も同じ言葉で言い続けること:
カンブリア宮殿まとめ:田舎に日本の未来SP第一弾 地元愛で人口減少に挑め