ふくゆきブログ

村上福之の記事にするほどでもないブログ

*

「嫌われる勇気」まとめ:

   

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

「嫌われる勇気」まとめ:
1 全ての悩みは対人関係が起因している
2 劣等感やコンプレックスは幻想にすぎない
3 他者は競争相手ではなく仲間である
4 真の自由とは承認欲求から解放されることである
5 嫌われる勇気こそ人に好かれる極意である
http://yagi-coach.com/ningenkankei/kirawareru-yuuki/
以下引用:
—————————
嫌われる勇気こそ人に好かれる極意!アドラー心理学の5原則まとめ
人間関係 / 2015年2月11日(Wed) / yagi
follow us in feedly
嫌われる勇気の感想まとめ
「人に好かれたい・・・」
この欲求ばかり重んじた生き方は、結果的に自己否定につながり、他者に評価されない最悪の人生で終わるだろう。そんな価値観を提起してくれたのが「アドラー心理学」です。
アドラーは「周りに起こる物事の見方(解釈)」を変えるだけで、全ては良い方向に変わると言います。つまり、今の自分を変えたいなら、物事の見方(解釈の癖)を変えることです。
人に嫌われるのが恐い、好かれたい。そんな呪縛によって人生に苦しむ方へ。今から明かす「アドラー心理学の5原則」から、新しい視点をインストールし「嫌われる勇気」を手に入れませんか?

この記事の目次
1 全ての悩みは対人関係が起因している
2 劣等感やコンプレックスは幻想にすぎない
3 他者は競争相手ではなく仲間である
4 真の自由とは承認欲求から解放されることである
5 嫌われる勇気こそ人に好かれる極意である
6 まとめ
全ての悩みは対人関係が起因している
対人関係の苦手を克服
アドラーは「個人の中だけで完結する悩みは存在しない」と言います。その証拠に「孤独の悩み」すら、他者がいるからこそ発生する悩みです。
つまり、あなたが抱えている全ての悩みは「対人関係」が起因しているということ。そのため、悩まない自分に生まれ変わるためには「他者への解釈を変えること」が解決策だと言います。
物事の見方が変われば、人の思考や行動は変わります。
劣等感やコンプレックスは幻想にすぎない
劣等感は幻想だと思うことが克服法
劣等感は、自己実現にブレーキをかける最大の阻害要因です。劣等感を持っていない人は存在しないほど、全ての人々が苦しんでいる「心の病」です。
しかし、アドラー心理学では劣等感を否定しません。劣等感は人間の努力や成長を促す「エネルギー源」になるからです。ただし、彼は「正しい劣等感と誤った劣等感」があると定義しています。
アドラーは言います。「理想の自分」になるために、まだ不足している部分があるという解釈は「正しい劣等感」だと。
しかし、他人と比較して、自分が劣っていると解釈することは「間違った劣等感」だと戒めます。そして、それを言い訳に努力や成長を止めている行為を「コンプレックス」と定義しています。
後者に当てはまる人は、自分を他人と比較するという思考癖を変えることが急がれます。これが、あなたから憑いて離れない、誤った劣等感とコンプレックスを打ち消す処方箋です。
ではどう解釈すれば、他者との比較によって起こる「誤った劣等感」から解放されるのでしょうか?
他者は競争相手ではなく仲間である
他人と比較しないのが嫌われない勇気のキモ
繰り返しますが、あなたの人生を阻害する「誤りの劣等感」は、他人と比較することで発生します。これは「自分にとって他人は競争相手だ」という解釈していることが原因です。
あなたが「他者=競争相手」と解釈し続けるかぎり、対人関係の悩みから永遠に解放されることはありません。競争を意識してしまうと、世の中が「自分にとって競争だらけの危険なフィールド」に見えてくるからです。
アドラー心理学においては「他者=仲間」と無条件に解釈することを提言しています。競争相手ではなく仲間だと見方を変えるだけで、この世は「自分にとって安心できるフィールド」に変わり始めます。
真の自由とは承認欲求から解放されることである
承認欲求を意識しない
人間には「自分が価値のある生命体」であることを確認するために、他者からの評価を求める本能が備わっています。これを「承認欲求」と言います。
しかし、他者の評価を重んじるほど「他者=競争」の解釈が強化され、劣等感やコンプレックスが深まり、心の自由から遠ざかってしまう「負のスパイラル」に陥ります。
そこで、アドラーは「課題の分離」という考え方を提唱しています。自分に対する他者の評価や信頼は「他者の課題」であり「自分の課題」ではないと解釈するのです。
もう少し分かりやすく言うと、課題の分離とは「自分にコントロール可能なこと(自分の課題)」と「自分にはコントロール不可能なこと(他者の課題)」を明確に分ける技術です。
たとえ、自分に対する他者の評価や信頼が思わしくなくても、それは自分の課題ではないと解釈し、自分の課題だけを誠心誠意、取り組むだけで良いのです。
そうすることで、誰からにも束縛されない「真の自由」が手に入り、結果的に、あなたのオリジナルな能力が発揮され、他者から評価され始める「正のスパイラル」が循環していきます。
嫌われる勇気こそ人に好かれる極意である
人に好かれる方法
ここで誤解してほしくないのは、嫌われる勇気とは「他人に嫌がられる行為」をすることではありません。悪口や誹謗中傷など、普遍的な道徳やルールを放棄することではないのです。
アドラーは、他人の評価による「承認欲求」を基準に生きるのではなく、理想の人生を実現するために何をすべきかと言う「自己指針」を基準に生きることを推奨しています。
他人の評価なんて十人十色。全ての他者から評価してもらうために立ち振る舞うのは「不自由の極み」であり、物理的にも不可能です。
しかし、人間にとって承認欲求は本能なので、この欲求が満たされないと苦しいのも事実。そこでアドラーは、自分の価値を実感するために「共同体感覚」を持てと言います。
共同体感覚とは「自分は世の中に貢献している」と実感することを言います。アドラーは、この共同体感覚を実感するためには「他者貢献」を持って生きよと提言しています。
他者貢献とは、具体的に言うと「仕事、ボランティア、趣味、子育て」などがそうです。
人間にとっての自己実現とは「他者に貢献できる自分になること」とイコールです。つまり、共同体感覚を持つことで、結果的に承認欲求が満たされ、人間の欲求の中で最も上位である「自己実現」も達成します。
ただし、ここでも「承認欲求」を意識しないことが大切です。アドラーは全ての人間関係を「横の関係」にすることを提唱しています。人間関係に上下をつけず、他人を常に対等でフラットに見るのです。
そうすることで、承認欲求を意識する癖がなくなり、純粋に他者貢献や自己実現に突き進むことができます。
まとめ
アドラー心理学をもとに、過去や現在起こっている出来事に対する「解釈」を変えるだけで、あなたは嫌われる勇気が持つことができ、自由で理想の人生を送ることが可能になります。
あなたは、これからも「悪い解釈」によって、誤った劣等感やコンプレックスを育て、悩み多き人生を送りますか?それとも「正しい解釈」によって理想の自分を育てていきますか?
どちらを選ぶかは「今この瞬間を生きる、あなた次第」です。

Comments

comments

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on TumblrShare on Google+Pin on PinterestEmail this to someone

 - 未分類

  関連記事

もうGoogle検索ってダメかもね:(SEO/AMP)
no image
電通東大新卒美人の過労死はニュースになるけど、大多数であるオッサンの過労死はニュースとして価値が無い。
「そして父になる」貧乏人のほうが正義でお金持ちは悪と定義しないと一般受けしない:
新国立競技場2520億円は大賛成です。
no image
日本はbot後進国になる運命かもね。
no image
舛添知事は辞任を撤回して欲しい。たぶん。
no image
健康的な生活をすると友達が減る:
no image
なぜ北海道新幹線で東京-札幌で8時間かかるの?いつ使うんだろ。これ。
いきることって、なんだろう。
オッサン同士でつるんでいるとビジネスセンスがなくなる